運気 八門人相 房中術 癒しの杜 菜根譚 小説 会報Back No. 合気 蜘蛛之巣伝 死の超剋 霊的食養 心法
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 1
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 2
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 3
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 4
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 5
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 6
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 7
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 8
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 9
おむすび神饌
ガン克服と自然食療法 1
薬になる植物図鑑
水野南北 1
水野南北 2
水野南北 3
武門の食事作法
人間に許された食物
home > 霊的食養 > 石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 1
石塚左玄と日本の食体系『夫婦アルカリ論』 1


石塚左玄と『夫婦アルカリ論』

食養家・石塚左玄(明治の陸軍薬剤監)


●自然の形から学ぶ

 明治の食養研究家・石塚左玄
(いしづか‐さげん)は天然自然から、食を通じて学ぶことを教えた。
 例えば、「自然界にいる動物は、それぞれに定まった、人間の手の加わらない食餌
(しょくじ)をして健康である。これは自分に与えられた食餌の何たるかを知っているからである」という。
 ところが人間の摂
(と)る食餌は、その種類や範囲は広く、更に人工的に加工されているという。

 その理由として、人間は、地震や旱魃
(かんばつ)、洪水などの天災に遭遇したり、凶作で飢饉(ききん)になったりしたことから、野山や海川の動植物を採り、あるいは探し回り、普段は食べないものでも煮たり、焼いたりの調理法を用いて口に入れて来た。
 そしてこうしたことは、数千年も前から繰り返され、食に範囲を拡げて来た。

 今日ではその食物の種類は数千数万に及び、それが健康に寄与するか否かを、殆
(ほとん)ど疑いも持たず口にしている。更に、益々加工法と調理法が枝別れし、いつしか食養の本来の「道」が忘れ去られ、その反動として、食が起因として病気が蔓延(まんえん)するようになった。
 野生の動物は、人間の手の加わらない自然食を口にしているので、病気も少ないが、万物の霊長である人間は、食物に範囲を増やした分だけ、病気も多くなったと指摘している。

歯の構造

拡大表示

 また、動物の「歯」を挙げ、人類はその歯型から「穀食動物」であるとしている。
 更に肉食動物と草食動物の違いを挙げ、歯や顎
(あご)の形を挙げている。肉食動物は歯型が鋸切(のこぎり)歯であり、先が尖(とが)って下顎が、横や斜に動かない。この仕組は、固い骨や肉を噛(か)み下すのに適していて、草類や穀物類には適していない。
 一方、草食動物の歯は、平歯で、隙間
(すきま)なく生え揃(そろ)っており、その表面には平らで波のような紋があり、下顎は横や斜に動く。これは草類を噛み潰すには適しているが、動物の肉を食べるような仕組みにはなっていない。

 人類の歯の構成から云うと、一番多いのは臼歯であり、隙間なく並んでいる。下顎は前後左右に動く。臼歯の構造は、縁
(ふち)が高く、中が窪(くぼ)んでいる。これはいわゆる菊座形であり、上下の歯を噛(か)み合わせると、中に、大小の様々な粒状の空間が出来る。これは穀類の粒を噛みこなすに適した自然の形である。

 次に石塚左玄は、『易』に「頤
(おとがい)は貞(ただ)しければ吉とは、正を養えば吉なり」を挙げ、自然の法則に従うことが健康を保てると論じたのである。そして人間の顎の特性こそ、他の動物とは異なった特色と機能を持っているとしたのである。

 次に人間は、何を食べる動物であるかを、歯型と顎の機能から説明したのである。

 臼歯(うすば)持つ人は粒食ふ動物よ
           肉や野菜は心して食へ
 頤
(あご)の上(へ)の口を養ふ食物は
           穀より外によき物はなし
 顎
(あご)台に載(の)せていただく菩薩(ぼさつ)かな

           
【註】菩薩とは「米」の異称   

 人類に一番最適な食物は何かと論ずる前に、食養の入口である歯型と顎の形とその機能に注目し、下顎の運動の有無や多少に基づいて、それに随(したが)い食物の種類を決めなければならない。また、食物の化学的な成分と比率は、人間やその他の動物の分泌する乳汁(母乳)の成分を目安にする。

 その上で、その人が棲
(す)んでいる土地の環境や気候、更には人種により、その土地に一番近い所で育った植物を食べる。これが石塚左玄にすれば「身土不二(しんどふじ)」の食思想であった。
 これについて石塚左玄は、その人の棲む土地が海に近い所であるか、遠い所であるか、暑い季節が長いか、寒い季節が長いか、山地であるか平地であるか、その人の年齢、男女の別、健康か病弱かなどの、いろいろな要素を考え合わせて正しい食の摂り方をしなければならないとしている。



●穀物菜食からの教訓

 人類は穀物菜食が最良である。この事は、人間の歯型と顎の形で判断がつく。穀類は口に中で臼歯によって細かくこなされ、唾液
(だえき)に混ぜられて、これにより若干の化学変化が起る。既に口の中で消化作用の第一段階が始まっているのである。唾液こそ、消化の為の消化液なのである。

 次に胃に送られ、更に化学的変化が起り、腸に送られて消化吸収されるのである。その成分は、有機質・無機質ともに配合の比率もよく、身体を養うのに適しているので、古今東西を問わず、穀類は用いられて来た。穀類こそ、必須の主食なのである。
 また穀類一種だけで、身体を養うには充分であり、古来よりその用い方は、国々の位置と気候に委ねられてきた。

 そして、穀類を摂取しながら、更になぜ副食が必要なのか、石塚左玄は次のように挙げている。
 それは、次ぎのような場合に必要であると云う。
 例えば、これまで米を食べて来た国民がパン食に変わったという場合、その国土や気候に適さない穀物食にするとか、本来は玄米として食べるべきなのに、搗
(つ)いて白米にして食べるなどの、天然の成分を壊して穀物を食べるとか、あるいは穀物が量的に不足するので、その代用として、芋類とか、魚・肉類などを食べる場合には、食事内容と成分の比率が違って来るので、その補いとして、カリ塩の多い豆類・野菜類・果物類などを摂取する。
 これは玄米を精白して、精白米にした時、味が淡白になり、それを補おうとして動蛋白が欲しくなる食本能によるものである。しかし、動蛋白の過剰摂取は健康を損なう元凶となる。

 また、穀物の主食が不足する場合、塩辛い植物性食品や、ナトロン塩の多い魚や鳥獣の肉や卵のような、塩分の薄い動物性食品を少量摂るようにする。但し、これはその人が棲んでいる土地や気候により、また季節により、成分比率の調整を行わねばならない。

 例えば、寒冷地にいるとか、寒い季節に植物性食品を多く摂る摂るは、天然塩と胡麻油
(ごま‐あぶら)などの植物性油で味付けし、温暖の地とか暑い季節に魚肉などの食品を摂る時は、塩と油の量を少なめにして用いる。
 雑食法でも、それに含まれているカリ塩とナトロン塩の
「夫婦アルカリ」の差数のバランスがとれていれば、病気にはならないものである。



●夫婦アルカリ論

 ここで言う「夫婦アルカリ」とは、食物の化学的な成分の中の無機塩類やミネラルが様々にある中の、ナトリウムとカリウムに石塚左玄は着目し、これを「夫婦アルカリ」と名付けたのである。
 つまり「夫婦」とは、「陰陽で一組」とする考え方で、食物の性質を決定する為の大きな役目を果たしている。

 これは明治期の流行であった蛋白質、脂肪、炭水化物の三大栄養素の比率を問題にするドイツ流の栄養学に対して、石塚左玄の提唱は「ミネラル栄養学」というものであった。
 ミネラルには他に、マグネシウム、カルシウムなどの元素が数多く含まれているのであるが、石塚左玄はその代表として、カリウムとナトリウムに注目したのである。

 また、「差数」とは、「夫婦二塩」のアルカリの差数をいうのであって、その差数が「近い」とか「遠い」とか、「差数のバランスが良い」という表現をしている。
 それぞれの食品の中には「カリ」と「ナトロン」との成分比率が、例えば玄米ではカリとナトロンとの比率は5対1であり、カリの百分中、0.2でナトロンは0.04である。この数値から、0.2−0.04=0.16という数値が得られる。この数値が「差数」なのである。

品 目
灰分中のナトロン
灰分中のカリ割合量
百分中のカリ量
百分中のナトロン量
(たら)
1
0.38
0.22
0.59
昆 布
1
0.67
0.37
0.55
鶏 卵
1
0.76
0.16
0.21
(すずき)
1
1.14
0.21
0.19
蕎麦(そば)
1.67
───
───
白 米
1.91
0.21
0.11
(河川の)
1
2.44
0.80
0.27
牛 肉
1
3.38
───
───
大 根
3.40
0.51
0.15
きゅうり
4.00
0.24
0.06
人 参
4.04
1.43
0.35
牛 乳
4.25
0.17
0.04
か ぶ
4.66
0.28
0.06
な す
4.75
1.90
0.40
玄 米
5.00
0.20
0.04
あ わ
5.75
0.23
0.04
な し
6.66
0.20
0.03
餅 米
7.00
0.21
0.03
大 麦
8.75
0.56
0.06
さつまいも
8.75
0.35
0.04
小 麦
9.36
───
───
ね ぎ
14.03
0.25
0.02
松 茸
15.00
0.30
0.02
竹の子
15.00
0.45
0.03
赤小豆
16.43
1.15
0.07
えんどう
28.64
1.07
0.23
大 豆
42.00
1.26
0.03
食品に含まれている「夫婦アルカリ」の割合。
【註】魚・鳥・獣などの肉に含まれる無機塩類の化学分析は、現在詳しく行われたものは極めて少ない為に、カリ塩とナトロン塩の差数量を知る事はできない。以上は、医学博士・江口襄著『飲食品分析表』による。

 これと同じように、大豆の場合は42対1で、1.26−0.03=1.23という数値が得られる。
 したがって玄米と大豆とでは、比の数字が5と42で、両者のミネラルの差数は0.16と1.23で、大豆は「差数が遠い」つまり、今日のマクロビオティックの言葉で云う「より陰性な食品」であり、玄米は大豆に比べると差数は近いが、決して近過ぎることもなく、中庸
(ちゅうよう)の釣り合いを得ている食品であるということになる。

 人間は肉と野菜の両方を食べて栄養を摂らなくてはならないと、現代栄養学は食指導しているが、これについては確かな根拠はない。にもかかわらず、双方を「バランスよく摂る」ということが一般に信じられている。また、こうした考えは、人間が大自然によって造られたと云うことを無視する考え方である。



●食養道から検た動蛋白の有毒性

 「肉と野菜の双方をバランスよく摂る」という考え方は、その根底に「美食主義」の食思想が流れていて、つまり、「コッテリ味の肉」と、「あっさり味の植物性食品」で、双方が中和するという考えがある。つまり、肉食をする為に、「野菜が必要」とする考え方である。

 しかし、この食思想は昭和55年以降の「現代」に体系付けられた現代栄養学の食思想であり、「肉と野菜の双方をバランスよく摂る」という思想は、それ以前にはなかった。そして「現代」という時代を境にして、現代人に降り懸かる病気は、動蛋白摂取が盛んになるに比例して急増していった。

 特に美食主義は、肉に固執することにある。肉を食べる為に、野菜が必要だと云う考え方の上になり立っている。
 しかし、この考え方は歴史のどの時代を見ても出て来ない。フランス料理は、もともと動蛋白を中心にした考え方の上で調理が進められ、確立した料理である。

 この料理の特長は、フランスで発達した伝統的な料理である一方、根底に美食主義の食思想が流れている為、国際上の饗宴
(きょうえん)などに用いられることが多い料理だ。その料理技術は、高度な調理法と、多様なソースを用いた、洗練された複雑な味が特長であり、基本的には人間の欲情を誘い、肉を貪(むさぼ)り食べたいと考えている者を誘い込む魔性を持っている。

 これは古今東西の聖人が、こうした料理を慎
(つつし)んだのとは、まさに対照的である。
 肉料理は、野菜料理よりも塩分の甘味と香ばしい旨味があるので、一般人は貪り喰いたいと言う欲情を常に肉に抱いている。
 しかし、釈迦は肉の毒性を指摘し、また肉の食材になる牛や豚は、人間が保護すべき動物と仏典に定めた。孔子ですらも、「肉多しと雖
(いえど)も食気に勝たしめず」と戒めたのである。

 動物の肉を「多く摂るな」あるいは、「食べてはならない」とする古代からの食思想は、一つには、動物の肉には酸毒化する要素が多く含まれているばかりでなく、農耕をする人間の為の使役動物が実は牛や馬であった。特に牛に於ては、田や畑を耕す為の、大事な動物であった。その為に仏典などには、牛馬は食べるべきではないと書かれている。

 では、何故「食べてはならない」というのか。
 例えば、固い地面を耕す場合、牛が居たから耕せたとも言える。牛が人間に農耕を齎
(もたら)したから、人類は発展し、急速にその数を増したとも言える。牛は、かつて世界中で「豊饒(ほうじょう)の女神の使い」とされた。つまり、「聖なる牛」として崇(あが)められたのであった。世界中の神話にも、牛が「聖牛」として出ない国はないほどだ。それだけ人間の為に役に立ち、使役する意味からも聖牛だった。

 そして、もう一つは、今日は農業が機械化された為に牛は必要無いと考えるのは早計であろう。問題は動物の肉には良質のアミノ酸が組成しているにも関わらず、人間はこのアミノ酸を消化する酵素を持たないのである。それは人間が肉食獣ではなく、歯型から草食動物であると云うことを物語っている為である。また重要なことは、人間が動物の肉を食した場合、腸内で酸毒化することが挙げられる。したがって、「肉はスタミナのモト」では決してないのである。

成人病や衰運の元凶は、肉常食にある。特に成人病の最大の禍はガン発症であり、また、運勢的な禍は動物を食らうことで運が衰退することである。

 更に『小学列女伝』には、「婦人は妊娠したら邪味じゃみ/動物性の食品や香辛料の強い食品)を食べるな」とある。また、「小さく産んで大きく育てよ」とか、「難産の子は育ち難い」更には「産毛の濃いのは世話が焼ける」という胎教(たいきょう)の教えがあり、動蛋白食品を多く摂り過ぎると、生後の異常を暗示しているのである。
 妊娠中に動蛋白食品を多く摂り過ぎると、菜食を中心にして過ごした妊婦と大きな違いが出ると云うことだ。

 妊娠中に動蛋白食品を多く摂り過ぎると、躰つきは犬や猫のように、やや太っていて、一見丈夫そうに見えるが、肉食が過ぎた為か、脂肪肥りであり、また塩気の足りない水肥りである。顔は短く、鼻は低く、人相的に見てその相は「せせこましい」面相で、鈍重な性格を暗示させるものである。また、「ぼんやり」していて鈍いか、落ち着きのない子供が出来上がる。あるいは
「性格粗暴者」となる。総て「肉の常食」の影響である。また、性格粗暴で乱暴な振舞をする子供の両親は、揃って夫婦が肉常食者である。

 この二種類の、肉の影響による「脂肥り」と「水肥り」の赤ん坊は双方とも、比較的同体が太く、手・足が短く育ち、脂肥りの方は、同じ発育年齢の子供に比べては、はしっこく、早熟で、出しゃばりで、水肥りの方は配慮に足らずのろまで、陰気で引っ込み思案の傾向に傾く。また、痩せて、虚弱で、頭が小さく、足がヒョロヒョロで、痩せ型の長い体躯の持ち主となる。そして性格的には、性格粗暴者になり易い。



●心身共に退化する日本人

 神国といわれた日本には、古来より世界に提示すべき
「道」がある。
惟神の太道において、それを踏み進む行動原理がある。その一つが食の伝統である「食体系」である。

 好機到来を、この身でしっかりと受け止めるためには、日本の古人が江戸時代までに培った、民族伝統の食体系を真剣に厳守していかなければならない。
 だが巷
(ちまた)には現在、百年前までは欧米の、それも白人の食べ物が所狭しと溢れている。精白小麦粉製品、砂糖、人工甘味食品、缶詰柑橘類、野菜や果物、動物性食用肉、精白米などの明治維新以降に「脱亜入欧」の思想に基づいて輸入された食品である。

 特に明治維新以降の日本の西洋化は、動蛋白摂取を行う事が栄養学に則した、正しい考えとされた。
 ところが、食養道から考えて、日本は
「身土不二(しんど‐ふじ)の食思想」からすれば、地理的に見て、日本人は肉を必要としない文化圏に居る。これは古来よりそうであった。

 これは時代を奈良時代や平安時代に遡
(さかのぼ)って考えれば、明白となって来る。現代日本人は、現代栄養学で云う、肉の良質なアミノ酸が必要でないことは、日本の古代を見れば、ここに化学的な理由がある。それは日本列島と云う国が地理的に検(み)て、ナトロン塩の多い土地柄であるからだ。

 一方、日本と異なるヨーロッパ大陸では、米も作らず、魚も採
(と)らずの遊牧民は、気候的に見て日本の温暖な気候風土とは異なる。日本では、カリ塩が少なくナトロン塩が多いのであるから、肉食しなくても健康には差し支えない。一方ヨーロッパでは、カリ塩が多く、ナトロン塩が少ない。ここに東洋と西洋の違いがある。
 したがって、温暖な東洋と、寒冷の西洋とでは地理的にも異なり、常用する食物の種類や化学的成分も異なり、ここに日本が西洋とは異なる食事情がある。

 島国の魚(うお)と塩とに富む土地は
          山や畑に生
(お)ふるもの食へ
 大陸の麦と薯
(いも)とに育つ人
          つとめて食らへ肉や卵を

          
『梧窓(ごそう)漫筆』大田錦城   

 四海を海で囲まれた日本では魚や貝などの魚介類が豊富だった。動蛋白の多くは魚介類で賄(まなか)っていた。また神仏を崇(あが)め、霊的神性を重んじた日本人は、四ツ足を食べる事を好まなかった。
 しかし明治になって、文明開化と称して日本の国内で脱亜入欧政策が始まると、西洋文明が雪崩れ込み、特に西洋の科学的な思考の一端は、食生活も西洋流に造り替えることだった。そして明治と云う時代は、西洋を模倣
(もほう)することで明け暮れた時代だった。

 この西洋に汚染される元凶の始まりは、文化・文政年間の蘭学の隆盛に促されるものだった。この頃になると、大肉食ブームが起った。一般には、日本人が獣肉を一般的に食べ始めたのは明治になったからと思われているが、既に江戸庶民の間では肉が持て囃
(はや)されていた。江戸市中には、獣肉を売る店が隣立していたのである。

屠殺され、逆さに吊るされたこの画から何が感じられるだろうか?

 特に、江戸麹町三河町の獣肉店【註】獣店(けもの‐たな)といわれ、藁筵(わら‐むしろ)を敷き夜分のみ売っていた)は有名で、冬口から春先まで獣肉を売っていた。この店で扱われていた獣肉は、松屋筆記によると、猪や鹿肉の他に、熊・狼・犬・狐・狸(たぬき)・兎・鼬(いたち)・栗鼠(りす)・猿・蝦蟇(がま)などであり、これに憤(いきどお)りを感じる儒学者や食養家も少なくなかった。
 しかし、実際には江戸繁盛記に記されるほど、獣肉店は大繁盛し、天保年間には遂に「天下に令して始めて獣食を禁じ、病に餌するに非
(あら)ざるよりはたやすくくらうことを許さず」【註】この時代では獣肉や病人の滋養強壮に効くと信じられていた)というお触れまで出た。

 獣肉に異を唱えた儒学者に大田錦城
おおた‐きんじょう/江戸後期の儒学者で食養家。加賀藩の儒官で、皆川淇園や山本北山に学び、また和漢の諸儒の説を広く研究し、折衷学派を大成。著に『論語大疏』『九経談』『梧窓漫筆』など。1765〜1825)がいた。彼はしきりに「肉食はよくない」と説いた食養家であった。
 大田錦城は日本人が、蘭学の影響もあって西洋に汚染される、あまりの変わりように、大いに嘆いた人物だった。

 やがて明治を迎え、日本は益々西洋化に傾いた。明治維新を経験し、欧米化が進に連れ、これまでの日本人の食文化は一気に欧米風に傾き、明治の半ば頃になると、正食である米御飯の量を減らし、うま味の肉食が中心となって、お菜も塩分の薄いものが少量になり、然
(しか)も漬物を食べる習慣が廃(すた)れ、それに代わって食後に果物などのデザートを食べる欧米流の食事法が流行した。

 その結果、どうなったか。
 所謂
(いわゆる)、「沢庵(たくあん)の川流れ」という食生活が流行したのである。「沢庵の川流れ」とは、沢庵がよく漬かっていない為に、水に沈まず、まるで川の水の上を流れて行く様を言ったものである。また、当時流行した「浅漬」という流行は、魚の味噌漬にも及んだと言う。
 この頃になると、魚の味噌漬が甘口になり、夏の季節には軟らかくなって、腐れ易くなった。弾力のない肉質に変化し、人間の躰
(かだら)にも害が及んだ。当時流行していた肺結核や腸結核や、結核性痔瘻(じろう)などは、こうした和食を洋風化した結果からだと言う。

 また、当時難病とされた瘰癧
(るいれき)も然りだったと言う。
 瘰癧とは、頸腺
(けいせん)結核のことで、頸部リンパ節の慢性腫脹で、結核性のものを言う。多くの大小結塊(ちょっかい)を生じ、初めは疼痛(とうつう)を感じないが、のち化膿して外方に潰破(かいは)、膿汁を分泌するに至るという難病だった。
 こうした難病の流行は、地理上の気候・風土や、これまでの生活習慣を無視した結果からだと言えよう。

 欧米を模索する考え方は戦後、更に、大量に輸入されるようになった。日本人が白人の文明を近代的な社会と妄想し、今日までの土着の食生活を破壊して、それを模倣したことは大きな様々な病因を造る原因になったと指摘している医療関係の専門家もいる。
 科学は万能ではない。そこにはおのずと限界がある。伝統的な土着の食生活を無視して未来は見えてこない。しかしながら、これらのは欧米文明の食べ物を口にすることを余儀なくされている現代の苦悶
(くもん)がここにあるのである。

 科学的近代的食生活の中では、今何が起こっているかを知らなければならない。近代文明の食品が土着の食品に取って代わり、食の豊かさの代名詞のようになっているが、その反面、虫歯や骨の変形が急速に増えつつあるのである。また顔や歯弓列に変形が起こり始めている。
  江戸末期までの日本人の食生活は、土着の自然食品が中心であったため、虫歯に対しては免疫性を持っていたと言われている。
 
「身土不二」を全うした結果、虫歯は少なかったと思われる。しかし明治維新以降の食生活は欧米化され、特に戦後においては完全に欧米化されてしまった。これが原因となって、虫歯に対しては免疫性がなくなってしまったのである。

 したがって欧米の近代的食品を採用した結果、食事の後には必ず歯磨きが必要となってしまったのである。食事の欧米化と薬品会社の歯磨き推進は、その裏の何処かで繋
(つな)がっているのではないかとさえ思いたくなる。
 今後の我々の食生活は欧米の科学を駆使した近代食品の牛耳られ、 忍従すること意外に道はないのだろうか。今日の若者を見ても、一昔前の若者とは何処か体型が違っている。体型ばかりだけではない。顔の形も何処か日本人離れしているのである。顔つきまでが欧米化されていると言ってよい。

 そして今、東方の古来より食体系を連綿として守り通した日本では、正食正養の食餌法が排斥され、西洋一辺倒に傾斜し、純然たる商売国に成り下がった。
 更に、石塚左玄が指摘した
「夫婦アルカリ」のカリ塩とナトロン塩の拮抗は、完全に頽(くず)れたと言ってよい。現代栄養学に取って代られ、これが金科玉条(きんかぎょくじょう)のように信奉されているのである。 

 かれこれと塩うす物を食らひなば
         臓腑腐
(くさ)れて虫もわくなり
 塩からき菜や味噌にて飯
(めし)食はば
         結核病のわづらひはなし
 君国
(くんこく)に住みしほどこそ浄土なれ
         悟りて見れば穢土
(えど)の牧民

【註】石塚左玄の「君国観」と思われ、本来ならば君子国であるから、牧畜・肉食の民とは異なっていなければならないのだが、実は君国の民も、煩悩だらけの人民が多くなり、これでは穢土に居るのと変わらないではないかとの嘆きの一声と思われる。

 日本人の中で、戦前の日本人の食生活を批判する理由なき欧米崇拝思想は未だ健在である。食卓の中にも誇らしげに星条旗が掲げられている。やがて日本人気質も消え失せて、その道徳や考え方までが唯物的な科学万能主義に固執されてしまうのではないだろうか。

 肉体的には顔や体型が欧米人のようになり、精神的には思想や考え方までが欧米に一辺倒され、「心が身体の言うことを聞く」軟弱な人間を大量に造り出しているのではなかろうか。果たしてこれらの変化は、もはや退化でしかないように思えるが、読者諸氏はどのように考えるだろうか。




  運気     八門人相     房中術     癒しの杜     菜根譚     小説     会報Back No.     合気     蜘蛛之巣伝     死の超剋     霊的食養     心法