運気 八門人相 房中術 癒しの杜 菜根譚 小説 会報Back No. 合気 蜘蛛之巣伝 死の超剋 霊的食養 心法
セクション案内 1
セクション案内 2
セクション案内 3
セクション案内 4
セクション案内 5
セクション案内 6
セクション案内 7
セクション案内 8
home > はじめに > セクション案内 1
セクション案内 1

ようこそdaitouryu.netへ 1



はじめに

 日本人は今、どこに向かおうとしているのだろうか。
 日本的なもの、日本的な文化を、金繰り投げ捨て、西欧の、日本人とは場違いなものに向けて、その中に無惨に、のめり込もうとしている。
 西欧的なものを、総べて、無条件に“恰好
(かっこう)いい”と決めつけ、日本的なものを放棄している。
 文化も芸術も思想なども、太古から連綿と続いた、日本のよき伝統を放棄して、横文字文化にのめり込む、明治維新以来の白人コンプレックスをいまだに抱き続けている。
 そして、多くの日本人は、日本人としての精神文化を捨て、西欧を模倣することが「科学的」であると信じて疑わない。

日本人の心のふるさとは、実は日本的な文化の裡側(うちがわ)にある。

 これからの日本人の歩く道先は、決して安楽なものでない。むしろ、表面には顕われない、近隣諸国からの「日本叩き」の軋轢(あつれき)に苦慮する茨薔薇(いばら)の道が待ち構えていることであろう。
 その兆候を示すものが、昨今の世情不安である。
 種々の事件が毎日のように繰り替えされ、多くは殺人事件である。通り魔殺人。上階からの幼児投げ捨て。理由なき小学児童に対しての無差別殺人。異常性欲者の横行。精神異常者の凶悪犯罪。犯罪の低年齢化と犯罪手口の凶悪性。どれをとってみても、安穏としておれない状態である。

 では、この元凶は何処に発するのか。
 それは日本人の意識が変わったことが、欧米一辺倒の中に窺
(うかが)われる。
 日本は明治維新を経験した後、国家の方針と、ビジョンの向う指針が、農業儒教社会から工業デモクラシーへと大きく転換してしまった。そして、日本人の難解な課題は、欧米から持ち込まれたデモクラシーであった。国民の誰もが民主主義を口にし、政治家の誰もが民主主義を標榜
(ひょうぼう)する。民主主義と云う念仏を唱えていれば、それで安泰だと考えている。まさにこれは、念仏宗の心理である。ある意味で、この念仏が、国家の方向を誤らせる元凶となっている。

 資本主義デモクラシーでは、選挙の多数決によって選ばれた政治家は、庶民の使い走りでならなくてはならない。これこそが、デモクラシーの原則である。だが、この原則は全く守られていない。
 その証拠に、政治家は自分が「エライ人」と思い込んでいる。大衆の最大の幸福を実現する為に、粉骨砕身して政策を実行する代理人であるべきはずの彼等が、一旦権力の座につくと、その地位を悪用して、人民の膏血
(こうけつ)を搾(しぼ)り取り、賄賂(わいろ)を要求して巨万の富を築き、国家人民の為に何の関心を示さないことは、一体どうしたことか。
 また、一身の利害のみを図る醜態は、一体どうしたことか。

 清々しい「清流知識人」になり得ない政治家の傲慢は、一体どうしたことか。
 今日の日本の政治家に、農業儒教社会の根本であった、「身を殺して仁をなす」理念で職務を全うする政治家が、果たして何人いるだろうか。

 政治に道義がなければならないが、政治家を道徳や倫理で縛
(しば)れば、また、訝しなものが登場し、かえって危険な人物を登場させることになるであろう。かつてのヒトラーのような人物が……。
 だからこそ、政治家は庶民の御用聞きであって、彼等に何を注文するかは、国民側にあるべきであろう。これこそが民主主義・デモクラシーの基本的な原則である。しかし、この原則は殆ど守られていない。

 世の中は、ますます混沌
(こんとん)とし始め、先行きの見えない不安が横たわっている。前途は決して楽観を許さない。
 近年の書物一つ取り上げても、先行きの明るい話題を高らかに掲げたものは皆無である。危機や警鐘を鳴らすものは多く、しかしこうした類は、では、どうすれば良いのかという具体的な部分が欠落している為に、世情不安を煽
(あお)るものばかりである。いたずらに、人々に恐怖心を植え付けるだけで終っているものが少なくない。脱出路が分からないのだ。これが、世の中が混沌(こんとん)とする理由の一つだ。

 私たち日本人は、明治維新後、西欧の科学力に魅せられて、本来、日本人が持っていた「心」「言」「行」の一致を忘れてしまった。
 心に思うこと、そして、そこから発する言葉、更には言葉と一致する行いと言う面を、長い間忘れてしまっている。この三つは、どれ一つ欠けてもならないのだ。
 今日の日本人こそ、欧米の呪縛から解放されて、以上の「三つの一致」を実践するべき時機
(とき)ではないのか



各セクションのご案内

 

運 気
 人間の「命」を形造るものは「天」であるが、その造られた命を立てて、現世に実現していく実践者は人間である。
 
「命」は自然の摂理、その生命的原則、あるいは宇宙の玄理(げんり)から出来ている。これを人間は、どうする事も出来ないと言う。一般にはそう信じられ、定まった運命は変えられないと、運命学もそう定義している。しかし果たして、そうだろうか。運命は変えられないものだろうか。

 運命転換術を述べた
『陰隲録(いんしつろく)なるものがある。この『陰隲録』が貫いているものは、「人間の運命」であり、また「人間の宿命」である。
 また、その思想体系は、
「自らの努力によって、立命に転換していける」という直観内容に、論理的反省を加えて出来上がった思惟(しい)である。そしてこれは、体系的に純然(じゅんぜん)たる、運命論を貫く、深い内容を包含している。また、運命の陰陽の支配から脱する実践法を説く。
 そして、人間には人生のうちで、何回か訪れる「好機の到来」があることを説いている。
●あなたの人生の『貸借対照表』の帳尻はあっているだろうか
 もともと金銭にあくせくして、経済的に困窮する人は、最大の欠点が金銭感覚に疎(うと)いばかりでなく、「損益計算書」と「貸借対照表」の関係が全く解っていない事である。
 また、「資産」と「負債」の違いについても、殆ど解っていない。そしてこの混乱は、「資産」が収入に書き込まれ、「負債」は支出に書き込まれる『貸借対照表』を全く理解していないことだ。

 したがって金持ちになりたいのなら、「資産」を買えばいい事である。ところが多くの72%に当たる中流階級以下の階層は、「資産」を買わずに、「負債」ばかりを買い続ける。
 つまり、クレジットやローンで買物をすることに、何の自覚症状もない。借金を積み重ねて、自分で自分の首を絞めていることに気付かない。
 また、クレジットやローンで購入したものを、自分の資産と思い込んでいる。だから28%の金持ち層に入れないのである。「金持ち」対「貧乏人」の分離比は、ユダヤ黄金率によれば
28:72の関係なのだ。

 これからも分かるように、資産と負債の根本的な考えの違いから、「金持ち」と「貧乏人」を二分している事が分かるであろう。
 貧乏人は、いつまでも貧乏に甘んじて、貧乏から抜け出せないのは、72%の多くの中流階級以下の階層が、資産ではなく、負債ばかりを買い続ける為である。多くは、借金漬けになり、負債を買う為の生涯に、自分の全エネルギーを費やしているのである。

 こうした無駄遣いの現象は、金銭的な流れを見ると、一目瞭然になる。
 中流階級以下の72%の人達は、仕事をし、給料を貰えば、一端は損益計算書の中では、収入の方にその金額が書き込まれる。しかし、此処には税金、マイホームのローンの返済、マイカーのローン返済、その他クレジットの返済がある。こうした固定支出がある上に、家族サービスの為に、週一回はどこかのファミリーレストランで外食し、行楽施設に出かけたり、国内外での家族旅行し、必要以上の食費を浪費させ、流行を追い掛ける衣料費を突出させ、必要以上に冷暖房の水道光熱費を遣い、その他の娯楽費などの無駄な支出があり、それらは住宅ローンの無理な借入金であったり、月々の支払をするクレジットカードや、それ等の未払分の金銭感覚を知覚せず、こうしたものが「負債の部」に入ることを全く理解していない。

 つまり、夫婦名義の登記済権利証書のマイホーム
(半分以上の頭金を払ったマイホームでも、根抵当が設定されている。根抵当権設定は不特定の債権を、極度額の限度で担保する抵当権のことだ)でも、マイカーでも、一円でも未払分があれば、これは「負債の部」に入る性質のものである。

 一方、28%の金持ちに属する人の金銭の流れは、資産を買う事に当てられ、不動産、手形・小切手・貨物引換証・船荷証券・倉庫証券・株券・債券・商品券・抵当証券などの有価証券、印税、著作権、特許権、その他の知的財産を持っていて、これはら資産から収入へと記されるものである。ここに「金持ち」と「貧乏人」を二分しているのである。

 人の運命の流れもこれと同じで、72%の中流階級以下の多くの人は、運命の陰陽に支配されて、予
(あらかじ)め予定された通りの人生を、忠実に履行(りこう)していく事になる。つまり、運命の陰陽支配の法則から抜け出せないのだ。

 運命と金銭の流れは、ある意味で共通点を持つ。経済的に困窮
(こんきゅう)し、借金を抱えている人は、とにかく、いま金が必要である。ところが、単に金が入れば解決する問題ではない。金は時として、人間の弱さを暴露(ばくろ)するのである。

 例えば宝くじが当たる、死んだ親の遺産が入る、あるいは昇給するなどの、思わぬ金に巡り合う事態が発生した場合、その金の流れは、更に加速を増すだけなのである。
 結局、一時的に、裕福に見えた現象は、旧
(もと)の木阿弥(もくあみ)に戻るのである。それは、「貸借対照表」の読み方を知らず、「損益計算書」の財務処理能力に欠けているからだ。
 これと同じ事が、人間の人生における運命の中にも起っている。
(本文より)

この項目は会員制で、詳細は入会案内をご覧下さい。



会報バックナンバー

 近年までの“志友会報”“大東新報”のバックナンバーを紹介している。以後随時、発刊当時からの会報バックナンバーに遡(さかのぼ)り、随時掲載し紹介する予定。
 現在、バックナンバーを掲載しているのは
“志友会報”が、平成15年10月号から平成18年3月号まで。
 
“大東新報”平成16年4月号から平成18年3月号まで。

志友会報(Acrobat形式で提供)
大東新報(Acrobat形式で提供)
志友会報について

 西郷派大東流合気武術の“合気”と諌言や技術体系を毎月会報に載せて公開している。“武術は何か”の探究こそ、ここに修行者の目的があり、悟りへの到達の境地がある。(平成4年3月創刊)

 『志友会報』は西郷派大東流合気武術の同人紙である。
 本紙には、西郷派大東流の儀法
(ぎほう)や、武術家としての精神構造ならびに、その行動原理などを紹介し、日本国内はもとより、海外においても、西郷派大東流合気武術を研究する愛好者や修行者によって広く読まれている。

 今まで、「古武術」と言うものを基礎的な技術として紹介する書籍は数点存在したが、これを深く掘り下げ、日本武術と言うものを体系的に、「伝統」という形で纏
(まと)めた書籍は殆ど見られなかった。
 一般には、「武」は“武道”と言う名前で置き換えられ、武道の歴史や、その心構え的精神面を説いたもの、あるいは技術解説したものは多々あったが、これらをよく考えて見ると、多くは、スポーツと同様にして捉
(とら)え、科学するスポーツで述べられているものが少なくなかった。

 西郷派大東流柔術の儀法構成は、「手解き」と「基本柔術」からなる。「手解き」とは、両手を塞
(ふさ)がれた場合の脱出方法であり、この脱出には「抜手」を用いる他に、敵に吾(わ)が手頸(てくび)を握らせたまま、儀法(ぎほう)を仕掛ける事を言う。

 また、術者の両手封じも、手頸を握らせたまま業
(わざ)を仕掛けるのである。つまり握られたり、掴まれたりした敵からの封じ手は、これを最初から無視したまま、業を掛け、次に手を解くという事である。握られた手頸や衣服の一部を、気に止め、それが気になるようでは、この状態からいつまで経っても脱出する事が出来ない。固執しない事が「柔術手解き」の原則である。

 基本柔術は、単なる型の反復動作ではない。あるいは意識によって、力によって、これを動かすと言うものでもない。虚空を旨としなければならない。
 つまり「虚」
(から)になることである。
 「虚」とは、肚
(はら)の中が空っぽであると言う事であり、肚の中に作為(さくい)を含む、何かの肚構え(【註】肚に某かの意図があり、心中に策があること)というものがあってはならない。それを頼りにしていると、肚構えと異なった攻撃方法で敵が襲い掛かった場合、即座に対応する事は不可能となる。

 初めからそうしたものは、必要無く、虚空
(こくう)であると言う事が大事である。しかし、この事を本当に理解出来るまでには、かなりの時間を要するものである。それは、基本柔術のそれぞれの業を、一種の「型」と捉えるからだ。

 これを「型」と捉えた場合、動きが伴わず、「虚の妙技」が疎かになってしまうのである。「虚の妙技」とは、肚構えを作らず、素手素直になって、虚で立ち対
(むか)う事を言うのである。何故ならば、自由自在は「虚の妙技」から発動する儀法であるからだ。(『志友会報』より)

この項目は会員制で、詳細は入会案内をご覧下さい。

月刊『志友会報』は毎月15日発刊(年間購読料/3,000円)
志友会報の購読お申し込みはこちら
大東新報について

 世界はある意図をもって、穏微な集団により動かされている。政治・経済・金融・軍事の全てが、ひと握りのエリートと穏微な集団の暗躍により、歴史が作られているのである。そこには陰謀渦巻く、民衆を搾取する意図が隠されているのである。(平成6年1月創刊)

 世界は画策された一つの方向に動かされている。
 西欧列強の19世紀に画策した「植民地主義」や「帝国主義」は、17世紀後半に盛んになり始めた富の「収奪」と「独占」に起因する。

 この収奪と独占こそ、国際ユダヤ金融資本の財源となり得た。この財に動かされ、西洋ではアメリカ独立戦争を企て、フランス革命を企てた。その後も、明治維新、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、ロシア革命、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争と続き、どれも一見すれば、自然の成り行きで勃発したように思える。

 しかし、それがどのような国家あるいは民族においても、自然発生的に、栄枯盛衰
(えいこせいすい)の自然の摂理から、「自然体」によって勃発したと見るのは余りにも短見である。国家群の浮沈は、特に17世紀後半より、歴史は疑いようもなく、意図的に動かされた形跡をもつ。その形跡は、一つの流脈によって人工的に画策されている。

 また背後には、エスタブリッシュメント
(establishment)経営の約15年周期で浮沈するアメリカの軍産複合体の影が見隠れする。
 近代史はまさに、特定の目的をもった、意図的に動かす、穏微な集団によってありとあらゆる現代の歴史が一つの方向に導かれているのだ。

 ところが、日本人と日本社会は世界動向やアジアの近隣諸国の情勢判断に、非常に疎い所がある。殆ど無関心であると言ってよい。テレビは相変わらずお笑いタレントを中心とした娯楽番組とスポーツ中継や国内ニュースばかりであり、真実や本質を伝えるものは殆ど無い。

 また、昨今は朝鮮半島は不穏な動きを呈している。韓国や北朝鮮は反日感情の非常に強い国である。その激しさは決して衰えることはない。日に日に激しくなっている。日本人に対しては、異常な敵愾心を抱く。しかし、こうした反日感情の激しさを知らないのは日本人だけである。やがて韓国と北朝鮮は、同一民族として集結し、団結するだろう。

 また一つの統一国家・高麗連邦を建国するに違いない。南北は、もともと文化を同じくする統一民族であるからだ。
 こうした危機を、日本人だけが知らないのである。では、なぜ日本人はこうした事実を知らないのか。
 それはマスコミが一切報道しないからだ。マスコミ報道は、スポーツ観戦であり、芸能などの娯楽が中心になっているのである。

 また、南北統一国家の背後には、大国中国が控えており、更にその奥の院には、旧ソビエトの母体をそのまま維持するロシア連邦が控えている。
 人間の人生は、世界動向や国内事情の実態を知らなくても、人生だけは全う出来る。しかし、事実を知り、人生を全うすることと、事実を知らず人生を全うすることは、大きな隔たりがある。何故ならば、事実を知らないで人生を全うすることは、明日の日本の見通しが出来ず、更には未来を失うからである。

この項目は会員制で、詳細は入会案内をご覧下さい。

月刊『大東新報』は毎月15日発刊(年間購読料/3,000円)
大東新報の購読お申し込みはこちら


癒しの杜の会
バラ科の落葉高木である「梨」は酒乱を鎮める霊果である。

 “癒しの杜の会”会員の為のページ。「血液浄化」「開運法」を紹介する。
 食を改め、慎
(つつし)み、乱れをなくせば、人間は不幸現象から脱けだすことができる。
 日本人の食思想を紹介し、
の「食」が躰(からだ)を造るメカニズムを明確にし、『腸造血説』で食の思想に迫る。

 また、病気に罹
(かか)らない躰(からだ)を造るのではなく、病気に罹っても直ぐに治る体質を持つ人を「健康人」と定義する。つまり、病気に罹(かか)らない体力造りをするのではなく、病気に罹っても、直ぐに治る「体質造り」を指導しているのである。
 我々現代人は、食の中から学ぶ事柄は決して少なくないであろう。総
(すべ)ての食べ物には「陰陽」がある。食の陰陽を学び、それを知る事こそ、長寿への秘訣となるのである。

 また、長寿の秘訣に
「血液サラサラ」という状態を長く保つ健康法が長寿への道を開く。血液サラサラ状態こそ、スタミナが付く条件のなる。水分補給便秘予防や、血液サラサラ状態をつくる食物に漢方では古くから梨(なし)が用いられて来た。
 この食べ物は水分90%の果物であるが、非常に繊維質が多く、便秘の予防として、あるいは熱を下げ、痰
(たん)や咳(せき)を鎮(しず)め、利尿効果が大きい食品である。咽喉(のど)の渇きを押さえ、浮腫をとり、一種の霊食の観がある。

 また「酒毒」を消す食品であり、悪酔いや二日酔いにも効果が大きく、更には霊的に、「酒乱」や「アルコール依存症」などの霊的精神異常にも効果を上げている。
 つまり、霊体質の人が、憑衣・憑霊から抜け出す食品でもあるのだ。この意味で、霊果といえる。

 但し、食し方を間違えると、躰を冷やすばかりでなく、外傷のある人や妊産婦はマイナスの逆効果に悩まされる事になる。また、梨は陰の食べ物であり、胃腸に障害を持つ人は消化が悪い為に、食し方には注意が必要である。それゆえ、その制御が難しく、これが霊果といわれる所以
(ゆえん)である。
 
“癒しの杜の会”では、こうした霊食・霊果に関する食指導も行っている。

 また、精神障害や憑衣現象からの改善法を独特の見地から解明する。明治維新、文明開花と言う西欧から押し寄せた外圧の「右回り旋風」は拡散・膨張に向かう科学万能主義の道であった。しかし、科学万能主義も翳りを見せ始めた。

 西洋科学を盲信すれば、総てが解決すると思い込んだ現代人は、今さまざまな憑衣現象に冒されている。
 国家も、企業も、その他の組織も、個人に至るまで、憑衣現象は猛威を振るっている。そして、これから抜け出す術
(すべ)を知らない。
 しかし、憑衣から抜け出す改善法は、確かにあるのだ。
●憑衣について
 体質は、丈夫でなければならない。感染症にも免疫力を持っていなければならない。病気に罹(かか)らないと言うことよりも、病気に罹っても、「直ぐに治る」と言う事が問題なのだ。
 また、邪気や邪霊の憑衣を受けても、これ等から直ぐに解放されると言う事が大事なのである。憑衣されても、直ぐに憑衣から解放されると言う事が肝心なのだ。

 健康になりたい、幸せになりたい、金持ちになりたい、有名人になりたい、憑衣から解放されたいなどの「何々になりたい」は、こうした固執への塊
(かたまり)を堅固にするばかりで、絶対にこれ等から解放されることはあり得ない。
 また、人間の不幸現象の殆どは、こうした「何々になりたい」という願望から起るものであり、ここに大きな間違いが横たわっている。

 そもそも願望と云うのは、棒ほど願って針くらいにしか叶わないものであり、これは駱駝
(らくだ)が針の穴を通るよりも難しいのである。現代人はこうした願望に振り廻され、願望のみに執念を燃やし、毎日奔走している。しかし、こうした執念の多くは、殆ど成就されることはない。運命の法則に支配されて空しく潰(つい)えるからである。

 では、なぜ成就されないのか。
 それは釈迦が云ったように「心が静寂に入り」、「刺戟
(しげき)を鎮(しず)める準備」が出来ていないからである。
 既に「眠り」を上げて説明を繰り返したが、「眠り」というものは、人間側が求めるものではなく、向こう側からやって来るものなのである。「向こう側からやって来る」ということを無視して、人間側が一方的に眠りに就
(つ)こうとしても、無理であり、こういう願望が激しくなればなるほど、健康が阻害され、ストレスが溜まっていくのである。更に、この状態で、睡眠薬やその他のドラックを用いれば、結果は最悪であることが誰にも判断が付こう。

 憑衣から脱出できる条件は、「拝み屋」の持つ霊能力的な威力ではない。
 自称霊能者や職業祈祷師と言われる彼等が持つ威力は、自慢するほど悪霊に対して強力なものではなく、ただの「自称」であることを知らねばならない。
 要するに彼等も、商売上の憑衣体質であり、些
(いささ)かの霊体質を自慢し、これを職業として「拝み屋」をしているに過ぎない。清流や正気との交流は、言葉による通信は行われない。(本文より)


優れた躰とは、体力を指すのではなく、体質を言うのである

 健康で、しかも優れた躰とは、体力があり、バイタリティーがある肉体を言うのではない。内外に備わった「体質」を言うのである。この場合、外的には肉体であり、内的には「心的なエネルギー」の働きを指すのである。

 人間が生きていくと言うことは、「抵抗を感じる」ということである。この抵抗こそが、「自分が生きている」という証
(あかし)なのだ。
 したがって、これに対し、生きる事で様々な抵抗や圧力が掛かるのである。その内外からは、まず心的ストレスが掛かり、このストレスは血液を汚染する習性をもっている。血液の汚染は、各部位の細胞を変質させて、免疫力を失わせるのである。

 例えば、「ガン免疫力」が失われれば、まず「ガン・ストレス」なるものが発生する。これは心的面からのストレスとなり、やがて「ガン・ノイローゼ」に変質していく。
 一方、同じガンになっても、「自然退縮
(しぜんたいしゅく)」が働き、治ってしまう人が居る。こうした人は、心配や不安、緊張や疲労に対して、ある種の「ガン免疫力」なるものを持っていて、いつも明るく、朗らかな人で、自然に免疫力が働く人である。この「自然退縮」の働きによって、ガンが徐々に治っていくと言う事実がある。

 内外から襲うストレスは、それを跳ね返すのが、実は体力ではなく、「体質」である事が分かる。体質の良し悪しで、ストレスを消去出来るか、否かが決まるのである。体質に備わった免疫力は、一度
(ひとたび)病魔に襲われたとしても、「自然退縮」が働いて、これを跳ね返してしまうのである。つまり、病気に罹っても治るのである。

 真の健康とは、免疫力の強いことを言い、病気に罹
(かか)らないと言うことよりも、病気に罹っても、直ぐに治る力を持っている人を言うのである。こうした人を「真の健康人」というのである。

 では、こうした「優れた体質」を得る為には、どうしたらよいか。
 それは「食」の原理を知る事である。人間の人体は「食の化身」である。食によって体躯が作られているのである。その人が何を食べているかという事で、その人を構成する人格や霊格が決定されるのである。
 しかし、残念な事に、巷
(ちまた)に溢れる食材の多くは、食品産業のご都合主義によって画策されている場合が少なくない。(本文より)

この項目は会員制で、詳細は入会案内をご覧下さい。



入会案内はこちら

daitouryu.net会員の入会はこちら



トップへ戻る  次へ>>

  運気     八門人相     房中術     癒しの杜     菜根譚     小説     会報Back No.     合気     蜘蛛之巣伝     死の超剋     霊的食養     心法